代々住める家を造りたいならピタットハウスにお任せ

依頼前に知っておきたい事

住宅模型

売却後のサポートも調べる

住宅ローンが何らかの理由で返済が滞った場合、債権者に住まいを差し押さえられて競売に掛けられる恐れが出てきます。これを避けてローンの残りを返済する手段が任意売却ですが、その相談先を決めるときには知っておきたい基礎知識があります。まずはどこに任意売却を相談できるか、その種類を知っておくことです。相談先には不動産業者や弁護士、司法書士が挙げられます。不動産業者の場合は相談料が無料の所が多く、特約がない限り成功報酬もありません。そのため一般的に任意売却に掛かる費用が安く済みます。一方弁護士や司法書士に頼む場合、着手金や成功報酬が必要になるため、一般的に不動産業者に頼むよりも費用が高めです。しかし法的な手続きを必要とするケースでは弁護士や司法書士に任せた方がスムーズに事が運びます。このような理由から、任意売却の相談先を決めるときには競売や自己破産も考えられる場合は弁護士や司法書士を、それ以外では不動産のスペシャリストである不動産業者に頼むといった活用も可能です。そしてもう1つ知っておきたい任意売却の相談に関する基礎知識に、売却成功後のサポート体制が挙げられます。仮に任意売却に成功した場合、必ず必要になるのが新居探しです。また場合によっては再就職の支援や離婚調停といった手続きが必要になるケースもあります。任意売却後も残債務がある場合、その返済のための債務者への交渉も不可欠です。このような理由から任意売却成功後も、必要とするサポートを手厚く受けられる相談先を見つけることも、また大切です。